Closed

男性型脱毛症AGAの治療薬として知られているプロペシア。プロペシアの主成分であるフィナステリドは、1991年に開発が始まりました。当初フィナステリドは、前立腺肥大の治療薬として認可されました。しかしフィナステリド1mg使用時の研究で毛髪の成長を確認されて脱毛症治療薬として1997年12月、FDA(アメリカ食品医薬品局)にて承認されました。

フィナステリドの脱毛症改善メカニズムは、脱毛症原因物質とされるDHT(=ジヒドロテストステロン)の生成抑制効果とされています。DHTとは活性型男性ホルモンのことで、男性ホルモン(=テストステロン)が体内で5α-還元酵素に代謝されることで生成されます。フィナステリドは、5α-還元酵素の活動を抑制する性質も持っているため、間接的にDHTの生成を抑制することができるのです。

プロペシアは、フィナステリドを1mg配合した世界初の“飲む育毛剤”なのです。服用タイプのプロペシアは、男性のみご利用いただけます。医薬品に分類されている本製品は高い脱毛症改善効果を期待できますが、勃起不全や性欲減退などの副作用の報告もございます。ご利用の際は、製品の容量用法を遵守して下さい。

プロペシアの効果と副作用
http://www.jiseikai.org/

青汁のイメージといえば“苦い”、“まずい”、“飲みにくい”といったマイナスイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?バラエティ番組では罰ゲームとしてよく利用されていましたね。このイメージは、青汁でよく利用されている食材“ケール”の青草さによるものが多いでしょう。現在では、加工技術も向上し、“おいしい青汁”が数多く発売されています。

青汁の食材として利用されることも多いケールには、ビタミン、ミネラル、食物繊維など豊富な栄養素が含まれていることで知られています。そもそもケールを使った青汁が初めて考案されたのは、昭和20年代のことでした。戦後の混乱期、食糧不足に直面し、栄養補給の目的で遠藤仁郎博士により考案されたことが始まりといわれています。

皮肉にも飽食の現代においても栄養不足は深刻です。厚生労働省所管の健康日本21では、1日の野菜摂取目標を350gとしています。しかし、厚生労働省が実施した「国民健康・栄養調査」では、どの年代も目標数値を満たしていません。さらに、日本人の食生活は、肉食中心となることも多くなっています。その結果、メタボリックシンドロームの該当者は約960万人、予備軍者数は約980万人とされ、合計すると約1,940万人が該当者および予備軍とされています。

これらの背景からも手軽に栄養補給できる青汁は、現代人の健康維持のためにも最適な食品です。

青汁口コミランキング
http://xn--nckg3oobb2022g88yc.com/